ポケモン剣盾 最終シーズンランクマッチ 考察 ディアザシオーガ✖イベルネクロパルキア

【サイクル✖対面構築】2種類の構築のシンフォニー

 

 剣盾のランクマッチをプレーしてた皆様、お疲れ様でした。私も今期約400試合して、剣盾のランクマッチを心置き無く楽しめたかな、って思っています。さて、今回実質最後の剣盾ランクマッチっという事で、私が今期対戦で使ってた構築を公開したいと思います。最後まで読んでいただければ良いなと思います。

1使用構築

1.ザシアン(剣の王)性格:意地っ張り


実数値  :199ー222ー135ー×ー153ー171

努力値配分:252-(+92)-0-0-140-20

技構成  :巨獣斬 確定技 入れて損しない。

      じゃれつく 確定技 ドラゴン打点

      ワイルドボルト コンセプト通り

      でんこうせっか S無いので、リーチ伸ばすため

技候補 :インファイト ナットレイディアルガなど鋼タイプへの打点

            正直かなりナットレイを舐めてたので終盤はこれで採用

     サイコファング 終盤増えた禁伝による壁張り戦法を崩すために採用価値有  

             り

持ち物:朽ちた剣(当たり前の事だが)  

調整意図 H 耐久に振るなら、最大まで

     D 雨込み臆病カイオーガのC202潮吹き確定耐え

        イベルタルのC特化珠ダイバーン確定耐え

        レジエレキのC特化珠140ダイサンダー最高乱数切り耐え

        ディアルガC特化珠130ダイアースやや中乱数耐え(43.4%)

     A HBホウオウを巨獣斬+ワイルドボルトで84.7%で倒せる

       後、単純に剣の舞がない分、Aは陽気222は欲しかった。

     S 余り(正味遅かったから、割り切ってS無振りでも良かった)

 

感想 最早誰もが知っている最強のワンちゃん。正直どの型でも強いが、構築の関係上      

   かなり黒バドを舐めてた構築を作ってた気がするので、これくらい振っておけ  

   ば、調整の想定外ではあったが、C217のアストラルビットも意外と2耐えしてく  

   れて対面勝てる可能性があったので、これは良かったと思う。ただ、Sにマジで  

   振ってなかったせいで、マーシャドーが見えてる時点で、全く出せなかった。そ   

   れ自体は仕方無い所だが、ムゲンダイナに本来有利をとれるはずなのに、なぜか      

   その対面で、あり得ないくらい火炎放射で急所を当てられて2耐え出来なかった

   りと、踏んだり蹴ったりな試合がまあまああったかな、と思う。

 

2.カイオーガ 性格:臆病 

 実数値     : 175-×-111-202-160-156

 努力値配分:  0-0-4-252-0-(+252)

技構成   : 潮吹き  

        雷 

        熱湯

        絶対零度 正味一回も当たってない

技候補  :れいとうビーム 正直こっちの方が良い

持ち物  :こだわりスカーフ

調整意図 :ただのCSぶっぱ潮吹き打つマン

 

感想 潮吹き打つだけで普通に強いシャチ。とにかく潮吹き打ってるだけで、相手が倒  

   れていく、という快感を味わいたい人にとって最高のポケモン。この伝説幻何で       

   もありのルールでは、耐久型カイオーガがかなり流行った気がするが、私は一周   

   回ってCSスカーフ型が一番強いな、と思った。ただ、最初から構築に入っていた

   わけでは無く、多分10月20日過ぎに構築に入れた気がする。今回絶対零度を採用

   していたが、正味一度も当たらなかったので、れいとうビームを採用した方が良   

   いですね。あの有名なポケモンYoutuberのバ○ビーさんや、Vtuberの神○月音さ

   んも使ってたのに、、、それを使いこなせなかった私は敗北者ですw

   ただ、20%にかけるのは漢のロマンな気がしなくもないが、、、やはりれいとう

   ビームを素直に採用した方が良いですけどねw

 

3.ディアルガ 性格:控えめ

実数値  :197-×-140-222-120-121

努力値配分:172-0-0-(+252)-0-84

技構成  :時の咆哮

      ラスターカノン

      大地の力 

      吹雪 終盤アホほど増えた襷ジガルデ対策

持ち物 :弱点保険

調整意図:C 特化

     S 無振り100族ぬき

     H 余り

 

感想: 中々決まらなかった構築の最後に1枠にしっかりはまってくれた理想のポケモ     

    ン。自分の構築に氷技を安定して出せるポケモンいないかな、って探していた

    ら見つけたので、そのまま採用しました。基本的に出せそうなら初手ダイマッ 

    クスで暴れてもらい、後ろのポケモンにも負荷をかける意味でも、採用してい  

    ました。本音を言うと、珠は持たせたかったな、って思ってます(後述するあ

    るポケモンに珠をとられたから)。弱点保険が起動すれば、相手のポケモン

    強制的にダイマックスを誘発出来るので、そこから裏のザシアンにつなげた

    り、スカーフカイオーガでお掃除したりと、素晴らしいポケモンでした。

 

4.パルキア 性格:控えめ

実数値  :197-×-121-222-140-120

努力値配分:252-0-4-(+252)-0-0

技構成  :亜空切断 急所ランク+1のやや不正技

           必然力があれば、確定急所になれる

      ハイドロポンプ カイオーガの雨にだた乗りして、エグい火力を出せる

      雷 カイオーガ撃退技

      大文字 ホウオウナットを破壊するため採用

技候補  :大地の力 特殊相手にダイマックスしてダイアースを打って異次元の耐久  

           を見せつけてくれた

           最終的に採用を見送ったが、普通に強かった

持ち物:とつげきチョッキ

調整意図:HC極振り

 

感想 今期で一番使いたかったポケモンである。自分がダイパ世代って事もあって、以

   前にディアルガを使ったから、今回はパルキアを使おうと思って採用した。普通

   にCSアタッカーとして運用しても良かったが、禁伝の中では黒バド、カイオーガ  

   に次ぐ物理耐久の無さに気づいたので、HPに努力値を振ったので、物理耐久を多

   少マシにはなったかなと思う。タイプを見てもらえれば分かる通り、カイオーガ

   に無類の強さを誇り、耐久に甘えたザシアンをワンパンしてくる雨潮吹きが、な

   んと乱数6発(当然チョッキ込み)になるのだ。他にも、雷の倒すのに4発必要だ

   ったりと、マジで使いやすかったと思う。なんなら、カイオーガが無理矢理ダイ

   マックスを切っても、後出しから余裕で勝てるレベルである。後は、実はほとん

   どの型のディアルガにも対面で打ち勝つ事ができるため、その点における信頼性 

   も厚かった。なにげにザシアンと相性補完がよく、ザシアンに飛んでくるであろ

   う炎技を楽々を受けれたりと、優秀な性能をしていた。なんでみんなこのポケモ

   ンを使わなかったんだろう、、、(多分、ザシアンに圧倒的に弱いから)ちなみ

   にカイオーガパルキア採用するだけで、ザシアンやネクロズマが苦手とするホ

   ウオウが選出される機会がグンと減ったので、私のザシアンをインファイトにし

   た理由の1つである。

 

5.イベルタル 性格:臆病

実数値  :201-×-116-183-119-166

努力値配分:0-×-4-252-0-(+252)

技構成  :デスウイング メインウェポン1

      悪の波動   メインウェポン2

      ねっぷう   ザシアン意識

      挑発     害悪ポケモン対策

持ち物:命の珠

調整意図:CSぶっぱ

 

感想 シンプルだがこれが強い破壊神。基本的に語る事無し。一応他の差別点として挑  

   発を採用している事くらいかな、と思う。挑発を入れる事で、ルギアやコスパ

   イナ、ホウオウの自己再生などを妨害でき、その隙に高火力をたたき込むのが強

   い。元々はラッキーとかいうピンクの害悪野郎に対抗する為に採用したのだが、

   他にも、ゼルネアスのジオコントロールの展開阻止の一手として機能してくれた

   のだ。最近は以前に最終1位をとられた方が使っていたHBゼルネアスが現在でも

   大流行していた事もあって、すべての対面で挑発から入って相手の展開を阻止で

   きたのだ。後は、ジガルデにも挑発から入る事で、麻痺展開を防げたりと、活躍

   の機会はかなり多かったと思う。ちなみに対面で余裕で勝てる。ただ、困った事

   は、耐久無振りのため、ネクロズマに引いた後、相手が黒バドに引かれた時に一

   度しか実質受け出せないため、個人的には、HDバンギラスも採用するか机上で

   検討していたが、採用には至らなかった。

 

6.日食ネクロズマ 性格:腕白

実数値  :204-196-176×-130-97

努力値配分:252-148-(+100)0-10-0

技構成  :メテオドライブ

      地震

      月の光

      竜の舞

調整意図 :H ザシアン受けがメインなため、Hはぶっぱ

      B 陽気A222ザシアンの+1インファイト2耐え

      A、D 余り

持ち物:ゴツゴツメット

 

感想 今までは、アタッカーのラム竜舞ネクロズマしか使った事が無かったので、自分

   がうまく扱えるのは非常に不安になってしまっていましたが、いざ使って見る

   と、想像以上の耐久力を見せてくれました。例えば、A無振りのホウオウの聖な

   る炎が半分も入らなかったり、あの幻ポケモン史上ぶっ壊れの技を持つマーシャ

   ドーのシャドースチールも2耐えしてくれたり、などの耐久力を発揮していた。

   物理に対してはあり得ないくらいの耐性をもってましたね。(ていうか、これに

   尽きる)反面、特殊の高火力アタッカーの一撃にはかなり脆い部分があったの

   で、それをパルキアイベルタルといった相性補完の良いポケモンでサイクル戦

   をしていました。あとは、S35より全体数は減らしたものの、弱点保険型ゼクロ

   ムにたいしても、ダイマックスの打ち合いに際して、弱点保険を起動しないライ

   ンギリギリまでダイスチルまで削って、その後全抜きをはかるために、竜舞して

   きたゼクロムをダイアースで突破する、という事を行ってました。ただ、イベル

   タルの所でも述べたのですが、ネクロズマイベルタルやバドレックスと対面し

   てしまうと、イベルタルに引く事が何度も出来なかったので、そこから崩されて

   負けた試合がちらほらあったので、そこは反省すべき点であったかと思います。

 

2. 構築経緯

 まず、私が今期構築に至った経緯といたしましては、まず前期ディアルガを使ってたこともあり、パルキアを採用したいなと思ってパーティを組み始めました。その時に、パルキアって日食ネクロズマやザシアンとの相性補完が良いのでは、と思ったので、そこから構築を組み始めました。ただ、これだとゴースト、悪の一貫が出来るので、それらに耐性のあるイベルタルを構築に入れてイベルネクロパルキアのサイクル構築ができあがりました。そしてもう1つ、パルキアと相性の良いザシアンを採用し、この4枠まではすんなり決まりました。当初ザシアンは最速HAS振り剣舞型で使っていましたが、やはり剣舞を積む隙がこの環境では全く無かったので、後に耐久振りHADの今のザシアンを使う事になりました。ここからが問題で、中々後の2枠が埋まらず、試行錯誤を繰り返しながらその枠を埋めるために、ひたすらランクマッチに潜っていました。最初の方はグラードンゼクロムを使っていましたが、グラードンは初手特殊ダイマに基本的に何も出来ず、ゼクロムは耐久無振りでは、中々厳しかったので、この2体を解雇。その後、この環境はドラゴンポケモンが増えた事により、氷の通りが良いなっと思ったので、火力も見込めるスカーフGヒヒダルマを採用。しばらく潜っていたが、フレアドライブをザシアンに耐えられてしまった事から、解雇。一時期バンギラスの採用を検討するも、技のスペースが全然足りなく、採用を見送った。(俺のバンギラスだけ技5こくらい使いたい)そして、ランクマッチも終盤、グラードンが何も出来ずにしばかれてそこから全抜きされる試合が続いたので、(主に珠ディアルガのせい)一周回って、スカーフカイオーガを採用。そして、最終日の2日前にダイマアタッカーとして弱点保険ディアルガを採用した。今思えば、ムゲンダイナを採用されば良かったかも、っと少し後悔している。というか終盤襷ムゲンダイナがアホほど増えたので、それを採用すべきだったか。。。

 また、今期一番使いたかったパルキアに関してだが、かなりの確率で出せたし、それで勝ちを拾えた試合も多かったので、個人的には満足である。パルキアの耐久に驚いた試合があって、その試合はDMチョッキパルキアに黒バドの+3アストラルビットが急所にあたって七割以上削られても、ダイアースでDを上げることで、裏のDMカイオーガの攻撃を耐えて勝てたりした。実は、ディアルガダイマの打ち合いにも五分の勝負に持ち込めたり、チョッキディアルガなら、相手のダイドラグーンを3発耐えた後、ダイアース3発+大地の力で倒せたりするなど、素晴らしいスペックを持っていた。珠ディアルガかつSに振っていた場合、打ち合いには負けるが、仮に倒されたとしても、それはザシアンの巨獣斬やインファイト圏内になっていたので、かなり理想の試合展開を作れた気がする。

3.選出について

基本選出は2パターンある。

1.基本選出パターン

 +@1(大半は

         or

 

2.例外

①ホウオウナット入りの構築

 

+@2

②ジガルデ入りの構築

or+@1

 初手イベルタルディアルガは構築を見て判断。

 

4.重かったポケモン

ナットレイ パルキアに大文字を採用するまでは、ホウオウナットの崩しをほぼイベ

       ルタルに任せていたので、裏に黒バドとかが居たら試合が詰みかねなか

       った。正直よくこんなパーティで3桁触れたわw

・タスキムゲンダイナ パーティ全員が最速ダイナより遅かったので、かなりしんどか

           った。普通に1体持って行かれる。

 

5. 今期結果

 TN:Yuto

  最高レート1760(大体1065位)

  最終レート1599(5396位) 195勝190敗

  過去一ランクマに潜った気がする。またSVのランクマもガンガン参加する予定なので、よろしくお願いします。ていうかレート溶けすぎでワロタww

 

最後までご覧いただきありがとうございました。皆様のご意見お待ちしております。